「やがて君になる」テレビアニメ化、加藤誠監督・花田十輝脚本で10月開始

・「やがて君になる」テレビアニメ化、加藤誠監督・花田十輝脚本で10月開始 仲谷鳰「やがて君になる」のテレビアニメ化が発表された。 アニメは10月放送開始。「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」の加藤誠が監督、 「宇宙よりも遠い場所」「響け!ユーフォニアム」の花田十輝がシリーズ構成・脚本、 「アマガミSS」「恋と選挙とチョコレート」の合田浩章がキャラクターデザイン、 「Re:CREATORS」のTROYCAがアニメーション制作を務める。 「やがて君になる」は恋愛感情がわからないことを悩みにしている少女・小糸侑に、 女性の先輩・七海燈子がアプローチをかけてきたことから始まる百合作品。4月28日から5月4日にかけて 東京・ライトボックス青山で開催される「百合展2018」会場には、アニメ化を記念したポスターが掲出される。 また連載誌である月刊コミック電撃大王6月号(KADOKAWA)は本日4月27日に発売。 原作者・仲谷、加藤監督のコメントが掲載されているほか、特別付録として同作のスケジュール帳が用意された。 引用…コミックナタリー 情報源はこちら https://natalie.mu/comic/news/279859 「やがて君になる」のテレビアニメ化が発表されたようですね。 どのようなアニメになるか期待です

続きを読む

任天堂、V字回復、営業利益6倍に&任天堂の君島社長がまさかの退任を発表

・任天堂、君島社長が退任 古川氏が昇格 任天堂は26日、古川俊太郎取締役常務執行役員(46)が社長に昇格するトップ人事を発表した。 6月28日開催予定の株主総会後の取締役会を経て正式決定する。君島達己社長(68)は退任する。 君島氏は三和銀行(現三菱UFJ銀行)出身で、2002年に任天堂の取締役に就いた。 常務だった15年9月、岩田聡前社長の死去に伴い昇格。家庭用ゲーム機の不振で低迷していた 同社の業績回復に尽力した。 同日発表した18年3月期連結決算は、昨年3月発売の新型家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」 の世界的なヒットで、売上高が前期比115・8%増の1兆556億円、 経常利益が295・8%増の1993億円となるなど、大幅な増収増益だった。 同社の売上高が1兆円台を回復するのは11年3月期以来7年ぶり。 後任の古川氏は早稲田大政治経済学部卒で1994年に入社。経営企画室長や グローバルマーケティング室担当を兼務している。 引用…京都新聞 情報源はこちら http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180426-00000025-kyt-bus_all ・V字回復、任天堂が一気に「スイッチ」 営業利益6倍に 任天堂の業績がV字回復した。26日発表した2018年3月期決算では、売上高が前年の2倍で 7年ぶりに1兆円を超え、営業利益も6倍に跳ね上がった。昨年3月に発売した 家庭用ゲーム機「ニンテンド…

続きを読む

Nintendo Switch「Wolfenstein II: The New Colossus」発売日決定!

Nintendo Switch「Wolfenstein II: The New Colossus」発売日決定! http://topics.nintendo.co.jp/c/article/e6b2107f-4782-11e8-b311-063b7ac45a6d.html Nintendo Switch「Wolfenstein II: The New Colossus」が発売日決定。 レジスタンスの一員となり、アメリカ解放を目指す苛烈なFPS「Wolfenstein II: The New Colossus」 の発売日が7月26日(木)に決定しました。

続きを読む