27時間テレビのアニメ企画について。最後のこち亀は評価してもいいのではないかな?

27時間テレビのアニメ企画は良かったんですが、各1話2分30秒のアニメです。
まあ、察するようにアニメキャラがそれぞれの時代を解説していくアニメだったようです。

アニメコラボ企画はこんな感じだったようです。

地球誕生→4作品コラボ(グランドオープニング)

縄文・弥生時代→ドラゴンボール超

飛鳥・奈良時代→ONE PICE

平安時代→ちびまる子ちゃん

鎌倉時代→こち亀

室町時代→ちびまる子ちゃん

戦国時代→ONE PICE

安土桃山時代→ドラゴンボール超

江戸時代→こち亀

明治・大正→ONE PICE

昭和・平成→こち亀

(昭和(別枠)→サザエさん)

各1話は2分30秒のアニメだったので・・・
まあ、これを編集して合計すると一般的な30分アニメになりますwwwww

ってアホか!!

時代別だったため、時代をテーマにしている番組が開始前に
アニメを流すため、深夜、早朝での放送もあったようです。

アニメ自体は大した企画ではなかったが、教育現場に使えそうな教材ビデオになる可能性も
あるので、学校現場で使用できる教材ビデオ化できないかと教育委員会から殺到しそうな内容ではありましたよ。
私は別に物足りなさは感じつつもアニメパートだけは評価していいんじゃないか。と思います。
最後のこち亀は3分弱ではあるものの大原部長に怒られて終わったところは評価するwww

27時間テレビ自体はあまり・・・って感じだった。
まあ、歴史マニアの方は評価はいいけど、お笑いファンには不評だったとか。

この記事へのコメント