『バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション』と『バイオハザード リベレーションズ2』の2作品がNintendo Switch向けに発売決定

カプコン、「ウルトラストリートファイターII ザ・ファイナルチャレンジャーズ」と
「モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.」に続いて第3のスイッチ向けの参入タイトルが決定しました。

・『バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション』と『バイオハザード リベレーションズ2』の2作品がNintendo Switch向けに発売決定

●2作が一気にNintendo Switchに!

カプコン『バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション』と『バイオハザード リベレーションズ2』の2作品が、Nintendo Switch向けに発売されることが決定した。両作とも2017年発売予定で価格は未定。

『バイオハザード』のナンバリングタイトルのあいだを繋ぐ、『バイオハザード リベレーションズ』。『バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション』は、2012年に携帯ゲーム機向けに発売された『バイオハザード リベレーションズ』を据置機向けにパワーアップしたタイトル。『バイオハザード リベレーションズ2』は、2015年にリリースされた『バイオハザード リベレーションズ』の続編となる。

引用・・・ファミ通

情報元はこちら
http://www.famitsu.com/news/201708/01138864.html

公式サイトの告知はこちら
http://www.capcom.co.jp/game/content/biohazard/info/game/3045

今回、移植だけど、スイッチにバイオハザードが発売されるのは意外と朗報なんですよね。
ウルⅡが45万本も売れたそうですからスイッチのフィーバー中に評価の高いバイオハザードリベレーションズを
ニンテンドースイッチで発売されるのは非常に大きいニュースでしょう。

元々、バイオハザードリベレーションズはニンテンドー3DSで発売されたゲームですし、
任天堂との関係は意外と良好のようですが、ここ最近はプレステでの発売が多かったため、
任天堂ハードでの展開は実に4年ぶりとなる。

なんだ、移植じゃないですか。とは私は思いませんね。
スイッチは移植やリメイクですら売れる市場ですから、モンハンのダブルクロスのスイッチ版ですら
歓迎の嵐でしたし、ウルⅡが45万本も売れているんだったら話は別です。
カプコン。「スイッチ向けバージョンのいくつかのタイトルの準備を始めている。」と言っているのであれば
今後も期待していいのかもしれませんね。

どちらかというと、「バイオハザードリベレーションズ2」のスイッチ版の方が需要が高いでしょう。
また、バイオハザードリベレーションズ2は任天堂ハードでの発売は初めてとなるそうで、
PSvita版の不評により、携帯機での移植は恵まれなかったですからね。

またバイオとしても初めて、TVモード、テーブルモード、携帯モードが可能となりますから、
バイオハザードが
持ち運べる据え置きゲーム機で遊べるというのはかなり大きい需要でしょうね。

また初作だけ任天堂ハードで展開しておいて、リベ2だけ任天堂ハードで出さなかったわけですからね。
カプコンは今月、モンスターハンターも発売されるが、他にもソフトを準備中だそうです。
バイオの新作もスイッチで期待していいんですかね。

この記事へのコメント