「七つの大罪」2018年に新作TVシリーズ&劇場版

・「七つの大罪」新作TVシリーズ&劇場版が2018年に!杉田智和ら新キャスト発表 鈴木央原作によるテレビアニメ「七つの大罪」の新シリーズ「七つの大罪 戒めの復活」が、 2018年1月に放送決定。また同年夏に、劇場版が上映されることも明らかになった。 これは本日7月16日に東京・山野ホールにて行われた「七つの大罪FES」にて発表されたもの。3度目となるテレビシリーズでは梶裕貴演じるメリオダス、雨宮天演じるエリザベス、久野美咲演じるホークといったおなじみの面々に加え、杉田智和演じるエスカノール、佐藤利奈演じるマトローナら新キャラクターが登場する。またキャスト情報のほか、ティザービジュアルもお披露目された。 週刊少年マガジン(講談社)にて連載中の「七つの大罪」は、かつて王国の転覆を企てたとされる7人の大悪党集団「七つの大罪」をめぐる冒険ファンタジー。2014年10月から2015年3月までテレビアニメの第1期シリーズ全24話が、2016年8月からテレビスペシャル「七つの大罪 聖戦の予兆」の全4話が放送された。 引用・・・コミックナタリー 情報源はこちら http://natalie.mu/comic/news/241092 アニメ「七つの大罪」が2018年に新シリーズと劇場版が決定したようです。 これは楽しみですなぁ。期待です。 しかし夕方枠が廃止しているからどうなるんだろうか。

続きを読む

「ブラッククローバー」のアニメはテレ東で10月からスタート

「ブラッククローバー」のアニメはテレ東で10月からスタート http://natalie.mu/comic/news/240961 週刊少年ジャンプの人気漫画「ブラッククローバー」の放送開始時期が判明しました。 放送局はテレビ東京で10月からスタートすることが発表。 主人公・アスタ役を新鋭・梶原岳人さんが担当。 天才的な魔力を持ち、アスタを生涯のライバルと決めているユノ役を島崎信長さんが演じる 公式サイトはこちら http://bclover.jp/ 個人的にブラッククローバーはあんまり興味がないんだけど・・・ 一応、アニメは見ます ジャンプの今主力の漫画である、 ・鬼滅の刃 ・ゆらぎ荘の幽奈さん ・約束のネバーランド あたりもアニメ化するのだろうか。。。? まあ、左門くんはサモナーだけは残念だったけど・・・

続きを読む

いよいよ7月21日に、Nintendo Switch『スプラトゥーン2』発売なのでダウンロードカード買ってきたのだ…

いよいよ、7月21日はNintendo Switchで『スプラトゥーン2』が発売されます。 セブンイレブンでダウンロードカードを買ってきました。 楽しみですな!セブンイレブンの特典も付いてますね! なんですけど・・・・発売日に遊べないかもしれません。 最悪なことにNintendo Switchのジョイコンが故障してしまい、修理に出さないといけません。 今から修理に出すとなるとスプラトゥーン2の発売日までには間に合わない可能性が・・・ なんのためにスプラトゥーン2の発売日に有給休暇とったのか。。。。 ショックでなりません。 ダウンロードは当日中にできますが。。。残念です。。。

続きを読む

復刻‘週刊少年ジャンプ’を買ってみた!再現度すげぇぇぇえええ!

・ジャンプ50周年記念の復刻版、第1弾は創刊号と653万部記録号の2冊 週刊少年ジャンプ(集英社)の創刊50周年を記念した 「復刻版 週刊少年ジャンプ」の「パック1」が本日7月15日に刊行された。 「復刻版 週刊少年ジャンプ」は週刊少年ジャンプの歴史の中で記念、記録、記憶に残った号を復刻するもの。 「パック1」には創刊号にあたる1968年7月11日発売の1968年1号と、同誌の最大発行部数653万部を記録した 1994年12月20日発売の1995年3・4合併号がセット販売されている。 8月12日発売の「パック2」には2017年に30周年を迎える荒木飛呂彦「ジョジョの奇妙な冒険」、 20周年を迎える尾田栄一郎「ONE PIECE」の連載がスタートした、1987年1・2合併号、1997年34号を同梱。 9月16日発売の「パック3」では、連載作品の名セリフにフォーカスし、武論尊原作による 原哲夫「北斗の拳」で「わが生涯に一片の悔いなし!!」、 鳥山明「DRAGON BALL」で「クリリンのことかーっ!!!!!」が登場した1986年26号、 1991年21・22合併号がパッケージされる。 引用・・・コミックナタリー 情報元はこちら http://natalie.mu/comic/news/241003 そんなわけで・・・復刻‘週刊少年ジャンプ’を買ってみた! これは再現度高いかもしれない! 復刻版 週刊少年ジャンプ パック …

続きを読む

週刊少年ジャンプの「ぼくたちは勉強ができない」を読んでみたんだけど・・・

ぼくたちは勉強ができない 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) - 週刊少年ジャンプで連載中の「ぼくたちは勉強ができない」の1巻を読みました。 確かに周囲の人のレビュー通りなんですよね。 まず、この作者はマジカルパティシエ小咲ちゃん!!のニセコイのスピンオフの漫画と同じ作者です。 これ、ラノベなんですよね。やっていることがwwww。 そこらの少年エースのラブコメ漫画の方が面白いんだけど・・・レベルなんですよ。 ただ、つまらないというわけではない。ヒットするとは思えないんですよね。 これを読むぐらいなら同じジャンプの『ゆらぎ荘の幽奈さん』を読んだ方が面白いと思います。

続きを読む

オススメ漫画紹介 舞妓さんちのまかないさん

舞妓さんちのまかないさん 1 (少年サンデーコミックススペシャル) - 舞妓さんちのまかないさんという漫画を読みました。 現在、週刊少年サンデーで連載中ですが、意外とこの漫画、サンデーというか、 少年漫画っぽくない漫画です。 どんな漫画というかというと、 京都のど真ん中にある花街。舞妓さんたちが深夜、お仕事を終えたあと帰って寝て、また翌日の夜までの空き時間を過ごすのは、「屋形」と呼ばれるおうち。舞妓さんたちにまかないを作っていたおばちゃんが倒れてしまったある屋形で、窮地を救って新たな「まかないさん」に就任したのは、元々は舞妓さん候補だった少女・キヨでした。16歳のまかないさんが台所から綴る、花街と舞妓さんの普通すぎる毎日! ぼのぼの系の食漫画ですね。 甘々と稲妻みたいな漫画が好きな人にはお勧めしたい漫画だと思います。

続きを読む

PS4とPSvitaで「銀魂」最後のゲーム版が発売決定!!ラストは銀魂史上初の超美麗なモデリングの本格派アクション…

今度はゲームファンも待望な銀魂の重大発表きたぞ!! あの「銀魂」がPS4とPSvitaで最後のゲーム化決定!! 最後ぐらい本格的なアクションゲームになるそう。 しかもPS4とPSvitaなので超美麗なモデリングで銀さん達を動かせることに。 PS4/PS Vita「銀魂 PROJECT Last Game」ティザーPV PVがいつもの感じで始まったのがワロタwww これまでの銀魂のゲーム化は DS時代に生活シミュレーション、アドベンチャー、RPGを出し、 PS2時代には大江戸アドベンチャーみたいなゲーム出したり、 Wii時代ではツッコマブル動画という意味が分からないゲーム出したり、 PSP時代にはすごろくゲームを出したり、 スマホではアクションRPGを出しました。 6作もゲーム化しているが、6作目にして最後のゲームぐらいは初の王道アクションゲームとして 展開するとのこと。どのようなゲームになるかは期待だ! 最後だからこその高スペックなゲームとなりそうだ。 銀魂がプレステの据え置きでゲーム化するのは 2007年8月30日発売した「銀魂 銀さんと一緒!ボクのかぶき町日記」以来、10年ぶり。 またプレステの携帯ゲーム機でゲーム化するのは 2013年1月24日発売したPlayStation Portable専用ソフト 「銀魂のすごろく」以来、4年ぶりとなる。 公式サイトはこちら http://gintama.bn-ent.net/?utm_sou…

続きを読む

オススメの漫画紹介 無能なナナ

[まとめ買い] 無能なナナ(デジタル版ガンガンコミックス) - 今回、オススメしたい漫画は「無能なナナ」をご紹介したいと思います。 これは衝撃的な漫画でしたよ! 「無能なナナ」 あらすじ 能力者と呼ばれる特殊な能力を持った少年少女たちがいた。彼らは人類の敵と呼ばれる怪物と戦うため、 孤島の学園に集められ、日夜訓練を行っていた。中島ナナオもその1人であったが、 能力を誰にも見せない彼は無能と呼ばれクラスの中で嘲笑の対象となっていた。 ある日、2人の転入生がナナオの前に現れる。転入生の1人である柊ナナに半ば強引に背中を押される形で クラス委員長に立候補したナナオは他の候補者と能力で戦うことになってしまう。そして、ある事件が起き、 そこから人類の敵との戦いが始まるのであった。 引用・・・Wikipedia 月刊少年ガンガンで連載中の漫画です。 これ、一見は普通の萌え漫画だと思ってたのですが、とんでもない漫画でしたね。 ヒロインの女の子の柊ナナが自分以外の特殊能力者を殺人をする漫画です。 殺人方法はまあ、デスノートのような特殊能力で殺すというわけではないのですが、 ある意味、女主人公版デスノートといっても過言ではないかもしれません。 小野寺キョウヤというキャラは死なない設定だけど、デスノートで言えばL的なポジションだろう。 どうやって暴くのか今後の展開が楽しみですね。 そういう漫画ってデスノートもそうだったけど、そういう面白さがあるわけなんで…

続きを読む