Nintendo Switchの『ARMS』の初週売上が判明。まさかの10万本超え

Nintendo Switchの『ARMS』の初週売上が判明。 ファミ通では12万2007本売れたことが判明。 http://www.famitsu.com/biz/ranking/ 4gamerでは100,652本とのこと。 http://www.4gamer.net/games/117/G011794/20170621102/ ARMSが初週が10万本超えのソフトになるというのは誰も予想していなかった。 ちなみにWiiUの時に新規IPだったスプラトゥーンは ファミ通調べでは15万6610本、メディアクリエイト調べでは14万4818本だったが、 スプラトゥーンまではいかないものの、ARMSも新規IPとしては予想していた売上本数は 10万前後だろうと予想されていたので予想よりも超えていたことになる。

続きを読む

任天堂がNintendo Switch本体品薄のお詫びとお知らせを掲載。品薄状態が遂に解決か。

任天堂がNintendo Switch本体品薄のお詫びとお知らせを掲載したようです。 遂に品薄状態は解決するかもしれません。 (引用はここから) ・任天堂がNintendo Switch本体品薄のお詫びとお知らせを掲載、7月、8月は出荷量を増やすことを明らかに ●2017年7月21日の『スプラトゥーン2』発売に合わせ出荷量を増やしていく 2017年6月22日、任天堂公式サイトのサポート情報ページに、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)本体が品薄状態が続いていることに関するお詫びが掲載された。 また、同ページにて、7月~8月は、“Nintendo Switch スプラトゥーン2セット”の継続出荷も含め、6月よりも出荷量を増やしていくことを明らかにしている。また、秋以降についても、生産体制をさらに強化していくとのことだ。 (ここまで) “Nintendo Switch スプラトゥーン2セット”の継続出荷も含め、6月よりも出荷量を増やしていくことを明らかにしましたが、 任天堂はNintendo Switch本体品薄のお詫びとお知らせを 任天堂公式サイトに掲載しました。生産の目途がたったと言って良いでしょう。 Nintendo Switchは7月にスプラトゥーン2、8月にモンスターハンターダブルクロス、9月にファイアーエムブレム無双、ポッ拳、10月にスーパーマリオオデッセイといった強力的なソフトを発売しますが、 品薄状態が解決するならこれは喜ばしい…

続きを読む

プレステの据え置きで太鼓の達人は11年ぶりに発売。PS4「太鼓の達人 セッションでドドンがドン!」発売決定!

・『太鼓の達人 セッションでドドンがドン!』発売決定、シリーズ最新作がPS4で登場 http://www.famitsu.com/news/201706/22135325.html バンダイナムコエンターテイメントはPS4向けに「太鼓の達人 セッションでドドンがドン!」を 2017年内に発売することを発表した。 プレステの据え置きハードで『太鼓の達人』が発売されるのは、 太鼓の達人 ドカッ!と大盛り七代目(2006年12月7日発売 全48曲/7曲隠し)以来、11年ぶりとなる。 欲しいけど、PS4か・・・。というか、プレステの据え置きハードで太鼓の達人が発売されるのは 11年ぶりだそうですが、PSvita版は意外にも予兆だったのかもしれません。 太鼓の達人もしばらくは任天堂ハード独占で子供たちに人気のあるソフトだったが、 モンスターハンターワールドやドラゴンクエスト11もそうだが、プレステ4にライト層を呼び込む作戦なのか知りませんが、 今後のPS4の展開が気になるんだけど・・・。 その場にいない人の演奏データと遊べる「フレンドセッション演奏」を収録している。 シリーズとして初めてあの人気キャラとプレイできる!?「ゲストセッション演奏」も収録しているとのこと。確かに太鼓の達人もプレステ出身のタイトルですが・・・。 尚、太鼓の達人はNintendo Switchでも発売が既に決定しているようです。

続きを読む