『バイオハザード7』Nintendo Switch版が5月24日登場。プレイ券を購入して遊ぶクラウドサービスに

『バイオハザード7』Nintendo Switch版が5月24日登場。プレイ券を購入して遊ぶクラウドサービスに カプコンは、『バイオハザード7 レジデント イービル』Nintendo Switch版を発表した。 クラウドサービスとして2018年5月24日よりサービスを開始する。 『バイオハザード7 レジデント イービル クラウドバージョン』は、Nintendo Switchの専用アプリ をダウンロードして遊ぶクラウドサービス。180日間2000円のプレイ券を購入することで、 期間中はダウンロードコンテンツを含む本作が遊び放題になる。 Nintendo SwitchのJoy-Conにあわせて、直観的な操作も追加されているようだ。 なお、プレイ中はインターネット接続が必須。公式サイト記載の推奨環境は802.11ac 5GHzのwifi環境、 もしくは有線LANアダプターとなっている。 環境や期間の制限付きとはいえ、世界中で評価された『バイオハザード7』を格安で遊ぶチャンス。 引用・・・ファミ通 情報源はこちら http://www.famitsu.com/news/201805/21157613.html 『バイオハザード7』のNintendo Switch版が5月24日に配信されることが明らかになった。 Nintendo Switch版では『バイオハザード7 レジデント イービル クラウドバージョン』として配信され、 180日間2000円のプ…

続きを読む

Nintendo Switch、インディーゲームが好調。その理由とは?

これも今更だが、語るぜ~ Nintendo Switchがインディーゲームが好調のようです。 インディーゲームとは基本的には同人ゲームと同義ではあるが、 非商業的な同人ゲームよりもこちらはどちらかと言えば商業的な性格が強い。 また同人ゲームにありがちな二次創作モノはほとんど無い。 主に小規模なソフトハウスからリリースされる事が多い。 日本国内では「インディーズゲーム」と呼ばれる事が多いが、こちらは和製英語である。 インディーゲームの特徴としては、大手メーカーが手を出さずまた開発コストも低く抑えられる2Dアクションorシューティングなどが多かったが、 現在ではUnityに代表されるフリーのゲームエンジンなどの開発環境が充実したため、 メジャータイトルに劣らない美麗な3Dグラフィックゲームも数多く存在する。 基本的なソフト供給はダウンロード販売が多い。稀にパッケージソフトとして発売される事がある。 これはSteamに代表されるDL販売の伸張により、販路を持たないインディーメーカーでも十分な利益が期待できるからである。 またキックスターターに代表されるクラウドファンディングで容易に資金援助が受けられる環境ができたため、 作品の質においてメジャータイトルに比肩する作品が数多く生まれるほど盛況となっている。 もっとも、作品の数ゆえに、内実が玉石混交状態になっているのも確かである。 今や有名な『マインクラフト』もインディーゲームです。 イン…

続きを読む

今のNintendo Switchの凄さと魅力を俺が語る!

今更だと思うが、、、語るぜ~~ Nintendo Switchはグラフィック面ではプレステ系より劣りますが、 それでも、私はNintendo Switchのグラフィックは問題ないと思います。 個人的に思うのは任天堂のゲームもできるんですが、 実はこれまでの任天堂ハードに比べると、サードパーティやインディーズゲーム と言ったゲームが充実しています。 グラフィックや性能を気にしないのであれば、Nintendo Switchでも充分、楽しめると思いますし、 個人的にサードパーティ以外にもゼルダやゼノブレイド2などゲーマーがやっても楽しめる 任天堂のゲームもあるので任天堂のゲームだとしても楽しめるものが出てくると思いますけどね。 正直、日本のメーカーのゲームやりたきゃswitchで良いんじゃない?とも思います。 Nintendo Switchは据え置きゲーム機としてではなく、携帯ゲーム機として 見る場合、PlayStation Vitaの後継機がソニーが開発しないせいもあって、 これまでPlayStation VitaとPS4のマルチがPS4とNintendo Switchのマルチ になっただけと考えた方が早いと思います。 グラフィックや性能を気にしなければ(私はswitchのグラでも問題なく遊べてますけどね。)、 楽しめるゲーム機だと思います。 さて、下記の方はNintendo Switchにおいて、偏見を持っている方がおられるので、 言って…

続きを読む