Nintendo Switchに東方Projectのファンメイドゲーム「東方紅舞闘V」が11月2日に発売

・Nintendo Switchに東方Projectのファンメイドゲーム「東方紅舞闘V」が登場。  11月2日発売で,古明地こいし追加DLCも同時リリース メディアスケープは本日(2017年10月19日),Nintendo Switch用ダウンロードソフト「東方紅舞闘V」 を11月2日に発売すると発表した。価格は3000円(税込)。 本作は,東方Project作品「東方紅魔郷」をベースとしたファンメイドの対戦アクションゲーム。プレイヤーは博麗霊夢や霧雨魔理沙などを操り,他のキャラクターと戦っていく。 また,発売日と同時にDLC“「古明地こいし」追加キャラ&ストーリー & BGM”もリリースされる。 価格は324円(税込)。 「Play,Doujin!」プロジェクト作品「東方紅舞闘V」Nintendo Switch版、11月2日発売 東方Projectファン作品がNintendo Switchについに登場 メディアスケープ株式会社(東京都台東区・代表取締役:江崎 望)は、同社が推進する同人・インディーゲームのパブリッシングプロジェクト「Play,Doujin!プロジェクト」参加作品、サークル「CUBETYPE」制作「東方紅舞闘V」のNintendo Switch版を2017年11月2日(木)に発売いたします。 本作は東方Project作品「東方紅魔郷」を元としたファン創作ゲームです。「紅魔郷」に登場した9人のキャラクター(+α)が登場し、縦横無尽に3D空間を飛び回…

続きを読む

『ブレイブルー クロスタッグバトル』にレイチェル、ハザマ、ワイスが参戦決定、プラットフォームも発表

・『ブレイブルー クロスタッグバトル』にレイチェル、ハザマ、ワイスが参戦決定、プラットフォームも発表 アークシステムワークスは公式Twitterにて、新作2D対戦格闘ゲーム『ブレイブルー クロスタッグバトル』の新たな参戦キャラクターとプラットフォームを発表した。今回発表されたキャラクターは、『ブレイブルー』シリーズからレイチェル=アルカード、ハザマ、3DCGアニメ『RWBY』からワイス・シュニーの3名。プラットフォームは、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)、プレイステーション4、PC(Steam)となる。 引用・・・ファミ通 情報元はこちら https://www.famitsu.com/news/201710/15144067.html 『ブレイブルー クロスタッグバトル』の対応ハードが決定しました。 Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)、プレイステーション4、PC(Steam)とのことです。 最近、多いですね。こういうマルチ

続きを読む

『妖怪ウォッチ4』もNintendo Switch、PlayStation 4、スマートフォンのマルチになるの!?…

・『妖怪ウォッチ4』もNintendo Switch、PlayStation 4、スマートフォンのマルチになるの!? 昨日、イナズマイレブン アレスの天秤の対応ハードを明らかにしましたが、 妖怪ウォッチも同じようなことになるのでしょうか。ということでこれに関して考えてみた。 イナズマイレブン アレスの天秤が発表されたのは2016年7月27日に開催された「LEVEL5 VISION 2016」にて正式発表されたもので、Nintendo Switchが発表される前だったこともあり、全ての企業がNintendo Switch(任天堂でさえも想定してなかった)がヒットするとは思ってなかったので、Nintendo Switch独占というわけにもいかなかったとされる。 『妖怪ウォッチ4』はまだ発表すらしていないのですが、 言えることは『妖怪ウォッチ4』のハードは3DSではないと思います。 ただし、同じ「LEVEL5 VISION 2016」で発表された『メガトン級ムサシ』に関してはNintendo Switch、PlayStation 4、スマートフォンのマルチ の可能性は高いでしょう。この『メガトン級ムサシ』はジャンプフェスタで発表される予定とのこと。 確かに『妖怪ウォッチ』をNintendo SwitchだけではなくPlayStation 4でも発売されたら ソニーにとっては嬉しいだろうけど、いくらキッズの星プロジェクトをやっていたとしても 妖怪ウォッチ4をPlayStat…

続きを読む